ふろしき Blog

インターネットビジネスの基本知識やWebテクノロジー、エンジニア組織論について、経験談を交えつつお話します

IE11のEmulateIE10(X-UA-Compatible)でDOCTYPEスイッチに不具合がある(→仕様でした)

(※ 本ドキュメントは古い情報です。正確な仕様は、こちらを参照して下さい。)

IE10までは、「X-UA-Compatible」に対して、「IE=EmulateIE」で指定された対象バージョンのドキュメントモードでは、DOCTYPEスイッチの条件に従いQuirksモードへの切り替えを行っていました。

「IE=EmulateIE10」と指定した場合、Microsoftの公開している仕様に準ずるなら、以下のURLのDOCTYPEスイッチの条件に従う必要があるはずです。

IE10のDOCTYPEスイッチによるStandard/Quirksモードの切り替え一覧表

↓ Microsoftの提供するEmulateIEの仕様
X-UA-Compatibility Meta Tag and HTTP Response Header - Microsoft Developer Network

しかしIE11では、「IE=EmulateIE10」の場合に限り、DOCTYPE宣言を確認せず常にIE10として動作するという不具合があります。これを改善するには、Quirksモードとして動作が必要なWebコンテンツに対して、「IE=EmulateIE9」以下を指定するか「IE=5」と直接指定することで対処する必要があります。

※2013/11/24 : この不具合は、筆者がMicrosoft Connectへ報告しています。
IE11 - BUG / DOCTYPE switch does not work, when I use "IE=EmulateIE10". - Microsoft Connect
※2013/11/27 : えむけい氏の指摘により、本動作は仕様であることが確認されました。

このブログの筆者について

川田 寛

NTTグループを経て、ピクシブ株式会社にて事業開発者とエンジニアマネージャーとして新規事業作りやエンジニアリング組織の運営に関わっていました。ネットでは「ふろしき」と呼ばれています。

このブログでは、主に「インターネット事業のビジネス基本知識」「Webテクノロジーのトレンド」「エンジニア組織の設計手法」について、経験談を交えつつ解説していきます。私と話をしてみたいという方は、以下のフォームより気軽にご連絡ください。

お問い合わせフォーム
免責事項: 本ブログの発言は個人の見解であり、所属組織を代表するものではありません。