ふろしき Blog

インターネットビジネスの基本知識やWebテクノロジー、エンジニア組織論について、経験談を交えつつお話します

"Government Linked Data Working Group"とは?

W3Cのトップで紹介されていた、「Government Linked Data WG」の活動がイマイチよく分からなかったので、こちらの内容を参考にしつつ、よくわからないキーワードもぐぐって説明を加えてみました。

Government Linked Data Working Group

私たち"Government Linked Data Working Group"のミッション、それは、行政が扱うデータを効果的に価値が高い状態で扱えるよう、セマンティックWeb技術を活用し、Linked Dataとして標準化し、またそのヘルプとなる情報を提供することにあります。

本グループは、eGovernment Activityのサブグループとして、また密接にSemantic Web Activityと繋がり、行政向けLinked Dataの活用可能な情報の制定と整理を世界規模で行なっています。

Linked Data

Linked Dataとは、文章でなく「データ」のWWWと言えます。従来のWebは人間が理解するための文章は、文章同士をハイパーリンクを通じて繋げていますが、Linked Dataはデータをハイパーリンクで繋げるというものです。ドキュメントはHTMLを用いて記述しますが、Linked Dataによるデータは、RDF(Resource Description Framework)と呼ばれる、別のフォーマットを利用することになります。

RDFは、RDF文、RDFスキーマを利用して、データ構造を機械で明確に解釈可能なフォーマットとして定義して記述します。初版は1999年に公開され、今はW3C勧告になっています。記法は非常に独特です。

rdf:type rdfs:domain rdfs:Resource .
rdfs:domain rdfs:domain rdf:Property .
rdfs:range rdfs:domain rdf:Property .
・・・

RDF http://www.w3.org/RDF/

RDFa

RDFは元々、メタデータ記述言語でした。HTMLの構文に埋め込まれる形で利用するもので、今でもその仕様は検索エンジンのロボットの補助機能として活用されています。標準は2012年5月7日に、W3C勧告となりました。以下のように記述します。

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
  <head>
    <meta name="author" content="Hiroshi Kawada" /> <!-- ページの作者 -->
    <link rel="prev" href="doc1.html" /><!-- 前のページ -->
    <link rel="next" href="doc3.html" /><!-- 後のページ -->
    ・・・

RDFa Core 1.1 http://www.w3.org/TR/rdfa-syntax/

なるほど、勉強になりました!

このブログの筆者について

川田 寛

NTTグループを経て、ピクシブ株式会社にて事業開発者とエンジニアマネージャーとして新規事業作りやエンジニアリング組織の運営に関わっていました。ネットでは「ふろしき」と呼ばれています。

このブログでは、主に「インターネット事業のビジネス基本知識」「Webテクノロジーのトレンド」「エンジニア組織の設計手法」について、経験談を交えつつ解説していきます。私と話をしてみたいという方は、以下のフォームより気軽にご連絡ください。

お問い合わせフォーム
免責事項: 本ブログの発言は個人の見解であり、所属組織を代表するものではありません。