読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふろしき.js

Web + Mobile + UX + Performance Tech

IE10のX-UA-Compatibleの使い方/動作仕様

IE IE10 互換性対策 SI向け Web制作者向け

IE10では、X-UA-Compatibleという制御パラメータを利用し、過去のWebブラウザの機能をエミュレートさせることができます。

本記事では、X-UA-Compatibleの利用方法について解説します。

  1. 動作の仕様
  2. 設定方法
    1. HTMLドキュメント内にX-UA-Compatibleを追加する
    2. ApacheでHTTPレスポンスヘッダにX-UA-Compatibleを追加する
    3. IISでHTTPレスポンスヘッダにX-UA-Compatibleを追加する

1. 動作仕様

  • IE=EmulateIE10 : DOCTYPE宣言に応じて、IE10モードかQuirksモード(IE5)を選択する。
  • IE=EmulateIE9 : DOCTYPE宣言に応じて、IE9モードかQuirksモード(IE5)を選択する。
  • IE=EmulateIE8 : DOCTYPE宣言に応じて、IE8モードかQuirksモード(IE5)を選択する。
  • IE=EmulateIE7 : DOCTYPE宣言に応じて、IE7モードかQuirksモード(IE5)を選択する。
  • IE=10 : 必ずIE10モードを選択する。
  • IE=9 : 必ずIE9モードを選択する。
  • IE=8 : 必ずIE8モードを選択する。
  • IE=7 : 必ずIE7モードを選択する。
  • IE=5 : IE5 quirksモードとして動作する。(※IE10の通常のQuirksモードはIE5とは互換性がないため、特殊なQuirksモードが動作する。)

>> IE10のDOCTYPEスイッチによるStandard/Quirksモードの切り替え一覧表

2. 設定方法

X-UA-Compatibleの設定は、HTMLドキュメント上で設定するか、HTTP レスポンスヘッダで設定するかのどちらかを選択できます。

★ HTMLドキュメント内にX-UA-Compatibleを追加する

HTMLドキュメント内で記述する場合は、head要素内の比較的最初で以下を定義します。

<meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="IE=10">

★ ApacheでHTTPレスポンスヘッダにX-UA-Compatibleを追加する

RHEL/CentOS/FedoraでApache HTTP Serverを利用している場合は、「/etc/httpd/httpd.conf」にて、一番最後に以下の内容を追記して下さい。

LoadModule headers_module modules/mod_headers.so
<IfModule headers_module>
   Header set X-UA-Compatible: IE=10
</IfModule>

Apacheに「mod_headers.so」がバンドルされていない場合はエラーになります。予め、インストールして下さい。

★ IISでHTTPレスポンスヘッダにX-UA-Compatibleを追加する

MicrosoftのWindows系OSで「インターネット インフォメーション サービス(IIS)」を利用している場合は、以下の手順になります。

「コンピュータの管理」→「インターネット インフォメーション サービス(IIS) マネージャー」
f:id:furoshiki0223:20131112210814p:plain

「HTTP応答ヘッダー」
f:id:furoshiki0223:20131112210923p:plain
表示内で右クリック、「追記」を左クリック
f:id:furoshiki0223:20131112211023p:plain
「名前(N):」へ「X-UA-Compatible」、「値(V):」へ「IE=10」
f:id:furoshiki0223:20131124004901p:plain

広告を非表示にする